読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこ9.4切符!!

こちらは主に日常の話とノートの切れ端などをup。創作活動のPRなどは「まみの木荘3.20号室」に分けてあります。

殻の中。外のセカイ。

‪あ"あ"ー。なんかわけわかんなくなったので、気持ちを整理するためにこれを書いています。まとまってないです。思うことを正直に書いています。

 

f:id:mm909:20170411140315j:plain

誰一人として寂しい思いをしない世界が描きたい。生き物だけでなく、モノたちも。地球上の物体、全部楽しいのがいいなぁ。と思う。

 

部屋でずっと流しっぱなしにしておければ、為になる番組にも、もう少し多く出会えるんじゃないかなって思うんだけど、間違えてニュースとかワイドショーを踏んでしまった時の精神的リスクがでかすぎて、もう最初から踏まない選択肢を取っています。

 

誰かがこんな酷い目にあったよっていう話ばかり流れてくるのがニュースってヤツで、誰かが突発的に笑われるのが、バラエティで、誰かを無責任についばむのがワイドショーっていう解釈。

 

もちろん面白かったり、素晴らしい作りの番組もたくさんあるのはわかってて、ニュースも世の中を知るための勉強道具で、ちゃんと落ち着いて見れたら、いいこともたくさんあるのもわかった上で、わたしがみるとこの解釈という話です。

 

とにかく神経がもたない。"外のセカイ"が怖すぎる。

 

日常生活では、どうしても、嫌な人と仕事をしないといけなかったりもするので、そこは耐えたりもしていますが、わざわざ嫌な人を家に帰ってまで観ることはないよなぁ、と思う。マゾなのか?

 

急に誰かを笑うとかありえない。笑われてる人が芸人さんとかの場合は、こういう笑いは「おいしい」っていうんだよって、何回も家族や友達から教わってて、理屈は知ってるんだけど、どうしても無理で、観てたら胃がキリキリして、笑っててもいいけど、わたしの前で笑うな。ってなってしまう。

 

だから観ない。なんかもう、世の中から取り残されようが、どうだろうが観ない。

 

最近ネットが普及して、観たいアニメとかだけ観れるようになったのほんと助かります。なのでやっと最初TVアニメにハマったり出来るようになった。やっとだ。子供のころからオタク気質なのに、アニメにハマりはじめたのは00年代に入ってからだ。

 

そういう便利なネットだけど、やっぱりすべて自分の都合のいいような道具なんかない。例えばツイッターはフィルタリングが甘いので、たまにどうしても怖いニュースが目に入ってしまう。

 

こういう性格なので、フォローする方は、よっぽどどういう方か勝手知ったる方しかフォロバしないですし、フォロー後に、ニュース系ばかりRTしてくるのがわかった時点で外してしまう場合も多いです。申し訳ない。嫌いで外したんじゃないって方ばかりです。TLに流す記事と本人はイコールじゃないですから。

 f:id:mm909:20170225093610j:image

今朝は、空に雨雲と普通の白い雲が同居してるとこを見れて、美しいなぁ。よかったよかったって思った矢先―― 

f:id:mm909:20170411140413j:plain

夜の雲にも、黒いヤツと白いヤツがいます。空が濃いと見落としがちな風景。二人が揃ってる時の空は、混じり合わないけど、少し遠くから思いやる控えめな誰かみたいでいいなと思う。

 

 

――どこかの誰かがお金を騙して盗ったようなニュースを間違えて踏んでしまった。慌てて閉じたけどもう遅い。あっという間に心の中を踏み荒らされてしまった。

 

そんなに怖いなら踏むなよーって自分でも思うんですが、信頼してるフォロワさんがコメント付きでシェアしてたら、ついみてしまう記事もあって、TVみたいにつけてたら勝手に流れてくるやつじゃないから、凹んでるのも全部自己責任だ。

 

お金を騙して盗ろうって思うまでに、その人に何があったんだろう。とか、騙された人は、信頼して渡しただろうに、悔しかっただろうな。とか考えはじめると、ごんごん具合が悪くなってくる。

 

被害者加害者どっちかと毎回同調してしまう。なんか頭の中に勝手に広がってしまうので…。

 

”騙す”選択肢以外が、その時選べなかったっていうのが、なんかもう訳がわからない。今回お金で済んでるけど、殺人事件だってある。愉快犯って言葉だってある。訳がわからないし分かりたくもない。

 

わたしの想像を遥かに超えたモンスターたちが、ものを壊したり、誰かを食べようとしてる様子が、普段は、塞いである"殻"の隙間からチラと視える。これが"外のセカイ"なのかって、こういう時思い出す。仕事先にいる合わない人達なんか、きっとこんなもんじゃないだろう、彼達はとりあえず人を殺してないのだから。

 

 

見えなければ、ないのか?視なければ、いないのか?違うだろー?っていつも自問自答する。

 

きっとほんとのセカイは、こんなことだらけで、わたしはいつになったら、ちゃんと向き合えるのかな、と思う。ただ、今は精神がもたないので、視ないことにしていて、それが自分を救う方法なら、今の所しょうがないんだよなぁ。と思う。

 

 

わたしも昔々"外"にいたような記憶があって、怖くて怖くて、ところどころ記憶に蓋をしてしまったみたいだ。

 

 

 

殻の中は、居心地がいい。誰もいないからだ。

 

 

mm9.hatenablog.com